三和酒造とは?イメージ

三和酒造とは?

薩摩の芋、薩摩の水、薩摩の製法

明治の頃より酒造業を営んできた三つの酒造場が、さらなる発展のために経営を統合。
【三つの和を大事にする】という意味を込めて三和酒造株式会社が設立。

ご挨拶

ご挨拶イメージ

明治から続く3つの酒造場が経営統合し、1953年5月、「3つの和」を大事にするという想いを名前に込めて、三和酒造は産声を上げました。
その誕生から約50年後、創業地の鹿児島県薩摩川内市から眼下に雄大な桜島を拝する鹿児島市に拠点を移し、昔ながらの製法であるかめ壺仕込みと木樽蒸留にこだわった蔵として、焼酎づくりを続けています。
われわれ三和酒造の焼酎は、「薩摩の芋」と「薩摩の水」と「薩摩の製法」を用いて造る、国際ブランドとして認定された「薩摩焼酎」です。
その鹿児島の誇りである蒸留酒は、喜怒哀楽に寄り添ってくれるお酒だと、私は思います。
三和酒造の焼酎が、皆様のうれしい時、悲しい時に、そっとそばにいてくれるような存在であることを願い、これからも薩摩の地で造り続けていきます。

三和酒造株式会社
代表取締役 久木原利英